挨拶・経営理念

会社概要

代表挨拶

日本の食生活に貢献
食は人のからだをつくり心を育てる大切なもの。だからこそ素材にこだわり、味を追求し、安心・安全のための管理を徹底。おいしくてからだに良いものをお届けしたいという思いは一番食品が昭和34年の創業以来大切にしていることです。
私たちはこれまで多くのお客様と出会い、日本全国に数々の新商品を送り出してきました。 そして現在、様々な食品業界に対して供給させていただいている業務用調味料の商品アイテムは約8,500種類にのぼり、毎年約8,000件の商品開発に取り組んでいます。 
お客様の“想い”を共有
全国からお寄せいただく多くの開発要望にお応えするには高度な技術とノウハウが必要であり、創業以来たゆまず開発力・生産力・品質管理力を進化させてきました。そして、それらに加え「その商品にお客様が込めた想いを心から共有」できてこそ、はじめて私たちの目指す“ご要望以上の味をつくる”につながると考えています。
多方面からのテクニカルサービス
私たちのビジネス手法の一つに“テクニカルサービス”と呼んでいることがありますが、お客様のご要望に対し忠実に商品開発を行うだけでなくお客様が抱える様々なお悩みをサポートしています。「何を商品化したらいいのか」といった開発上のお悩みから品質管理・生産ライン設計・食品表示・パッケージデザイン等に対して、提案を含めた技術サポート(=テクニカルサービス)を展開し、新たな価値の創造につなげています。
真のパートナー
私たちは味のプロフェッショナルとして、お客様にしっかりと寄り添い、これからも 「一番食品をパートナーに選んで良かった」 と思っていただける企業づくりを目指してまいります。
代表取締役社長
有吉 崇

経営理念

『 楽しく心豊かな食文化の向上への寄与 』

  • 常にお客様の方向を向いて仕事をする
  • 開発あるのみ

私たちは経営理念を「楽しく心豊かな食文化の向上への寄与」と定めています。
「おいしく」「安く」しかも「安心・安全」、全国各地の地域の嗜好にマッチした味づくりを通じ、楽しく心豊かな食文化の向上、ひいては生活文化の向上に寄与したいとの想いを込めております。
この理念に基づき、私たちの商品をご採用いただき全国各地で販売してくださるお客様を大切にする意志として「常にお客様の方向を向いて仕事をする」「開発あるのみ」の精神を経営の基本方針としています。

CONTACT ご意見・ご質問などは、下記からお問い合わせください。